NEWS

2019.6.28

手塚 健介がCBO(Chief Business Officer)に就任

不動産管理会社向け業務効率化・管理支援ツールなどを提供するWealthPark株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:川田隆太 以下、WealthPark)は、業容拡大に伴い、新たにCBO(Chief Business Officer)職を新設し、2019年7月1日付で、手塚 健介(てづか けんすけ)が就任することをお知らせいたします。

手塚 健介の経歴
楽天、富士フイルム、にて事業企画・事業開発業務等に従事し、現職。
事業戦略、マーケティング戦略の立案及び実行等に関する豊富な経験を有し、WealthParkでは海外投資家向けのインバウンド不動産管理事業の拡大に従事。不動産管理会社向け資産運用・管理支援のSaaSツールであるWealthParkビジネスの立ち上げ・拡大を担う。

東京大学法学部卒業、London Business School MBA修了

手塚健介からのコメント
WealthParkは多国籍、不動産・金融×テクノロジーといったユニークな特徴がありますが、新規事業開発会社という側面も一つの強い特徴です。不動産会社様、不動産オーナー様、金融会社様やその周辺の事業者様に価値のあるサービスを提供し、エンパワーしていけるようなプラットフォーム事業を構築してまいりたいと思います。

代表取締役社長、川田隆太からのコメント
この度、業容拡大に伴い、CBOの職責の新設と、手塚 健介がその任に当たらせていただくことをご報告させていただきます。手塚は、インターネット企業、メーカー等での勤務経験を背景に、現在、WealthParkが取り組んでいる、不動産管理会社様ならびに、不動産オーナー様向けの、ユニークなサービスの構築に、初期の段階から貢献してまいりました。今後、クロスボーダーでの取組や金融ソリューションとの連携等、サービス向上に向けて、より一層のリーダーシップを発揮してまいります。

WealthPark株式会社について
不動産管理会社向けに、業務効率化・管理支援ツールを提供しており、サービス開始後、国内外で数多くの管理会社にご利用いただいております。また、不動産管理会社と、その顧客である不動産オーナーの間のコミュニケーションツールである、モバイルアプリケーションは、4言語(日本語・英語・繁体字・簡体字)で提供されており、6か国・地域でサービスを展開中です。
総勢約60名の役職員の約半数が外国籍で、出身国も約10か国という、非常に多様性に富んだチームです。また、不動産業界経験者のみならず、メーカー、コンサルティングファーム、投資銀行、ファンド、Eコマース等、様々な経験を持ち合わせたメンバーで構成されています。

本社所在地: 東京都渋谷区恵比寿1-20-18 三富ビル新館2階
資本金: 550百万円(資本準備金含む)
代表取締役社長: 川田 隆太
従業員数: 約60名(2019年5月末現在)
拠点: 東京、上海、香港、台北、ニューヨーク
サービス提供(国・地域): 日本・中国・台湾・香港・米国・英国
会社HP:https://wealth-park.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
WealthPark株式会社 広報担当
Mail:pr@wealth-park.com