イベントレポート【WealthParkユーザー会】オーナー導入促進

先日6月11日に「オーナー導入促進」をテーマとした、ユーザー会を開催いたしました。
IT技術の進歩、5Gの普及など、デジタル化が進む社会において、紙媒体が主軸となっている不動産管理におけるITの導入は、情報のやり取りを効率化させ、革新的な影響を及ぼしています。
今回のイベントは、対オーナーコミュニケーションにおけるIT導入の手段として、実際にWealthParkを導入していただいている9社の不動産管理会社の皆様にご参加いただき、不動産業界のITの導入現状を共有しました。

当日のアジェンダに沿って、セミナー内容をご紹介いたします。

ユーザー会とは

ユーザー会は、実際にWealthParkをご利用いただいている全国の不動産管理会社の方々に集まっていただき、実際に直面した問題点や成功例などを共有していただくことで、会社同士の繋がりを持ち、自社の事業を活性化する目的で開催しています。

前回のユーザー会では、WealthParkの「ワークフロー」という機能に着目し、成功事例や、メリットをご紹介しました。ワークフロー機能を活用できている会社の話を聞くことによって良い刺激を受けたという声や、もっと他社様の事例を聞きたい!という意見を多くいただきました。また、会社によって取り組んでいる課題も異なるため、自分が直面する課題をテーマに話を聞きたい、というお声もいただきました。
そこで今回は、WealthPark導入後すべての会社様が取り組むことになる「オーナー導入」をテーマに、よくある課題と打ち手を、これまでの事例をもとに共有する会として開催しました。

オーナー導入における壁

オーナー導入において、不動産管理会社がつまづいたことをアンケート形式で調査したところ、オーナー様へのWealthParkアカウント発行後のログインフォローや、オーナー様のWealthPark利用承諾取得などに苦戦しているという意見が挙げられました。
アカウント発行をしてもログインすることを忘れてしまったり、スムーズに管理会社とコミュニケーションが取れかったりすることが、オーナー導入のフェーズでは課題とされています。
さらに、オーナー様の中にはご高齢者でITに不慣れな方も多く、その方々へのフォローも一つの課題としてあげられました。管理会社とオーナーが円滑なコミュニケーションを取り、スムーズなオーナー導入を成功させるには、どのようなアプローチが求められるのでしょうか。

オーナー導入を促すには

オーナー導入促進には、継続的、そして、多面的なアプローチが求められます。ユーザー会ではいくつかの手段が紹介されました。

まず初めに、管理会社が紙でのやり取りの廃止することを決定し、アプリに完全移行するスケジュールを立てることが重要です。目標を明確化することによって、管理会社だけでなく、オーナー側の心の準備期間を設けることができ、アクションを起こしやすくなります。

さらに、オーナー様に合わせたアプローチを定期的に行うことです。WealthParkの利用承諾をしていないオーナー様に対しては、実際に管理会社が目の前でアプリを触り、WealthParkを導入するメリットを実感してもらうこと、メールアドレスを取得できていないオーナーに対しては、より便利なQRコードを活用した方法などが紹介されました。

また、今回のユーザー会では、他社のオーナー導入事例として、「オーナーセミナー」を紹介しました。実際にオーナーセミナーを開催した大興不動産様から、イベントの開催事例を当日の様子や参加オーナー様からの反響とともに共有いただきました。

「セミナーを開催することは、オーナーのログインサポートをする場を設けるだけでなく、社員のモチベーションを高めるいい機会になりました。ご高齢者の方にも多くお参加いただき、その場でスムーズにログインまでサポートすることができました。さらに、投資意欲の高い方に集まっていただいているため、追加物件の意向を聞き取ることもでき、一石二鳥になりました。」

このように、セミナーはその場で、ログインフォローが行えるため、スムーズに操作を進めることができます。また、複数のオーナーのログインをサポートできるだけでなく、社員の気持ちを高める、オーナーの意向を確認するなど、様々な意味を持つことができ、効率的なアプローチの手段としてあげられました。

SMSによるアカウント移行

ここまでは、管理会社様が実行できるアプローチ手段を紹介しましたが、セミナーの最後には、オーナーの導入促進を大きく進歩させる新機能「SMSログイン」をプロダクトチームからご紹介しました。
今夏より、メールアドレスからのログインだけでなく、SMSを利用したログインが可能になる予定です。

ユーザー会のアンケート結果からわかるように、オーナー様のメールアドレス回収に苦慮される管理会社がいる一方で、オーナー様の携帯電話番号の取得率は非常に高く、SMSの方が、オーナー様にリーチしやすい手段です。メールアドレスを取得していないオーナー様でも、電話番号からアカウント登録ができ、メールアドレスを取得する操作を省くことができます。さらに、迷惑メールに振り分けられてしまうトラブルなどを回避し、インターネット回線がないところでも受信が可能であることから、SMSによるアカウント移行は、スムーズなオーナー導入を実現するのではないでしょうか。

他の管理会社様とのつながりが、自社の活性化につながる

今回のユーザー会では、このように、多くの管理会社様がつまずいている「オーナー導入」のフェーズに焦点を当て、多くのアプローチ手段が紹介されました。オーナー導入においては、多面的かつ定期的なアプローチが重要です。今夏SMSによるログインが可能になることからも、オーナー導入がよりスムーズになることが期待できます。また、他社のリアルな導入事例の感想を聞き、「自分たちも頑張ろう」という前向きな意見をいただきました。これからオーナー導入に励む管理会社様や、オーナー導入途上で悩んでいる管理会社様にとって良い事例共有の場になったのではないでしょうか。

ユーザ会参加管理会社様の参加後アンケート(抜粋)

  • 他社さんも同じところに課題があり情報共有できてよかったです。解決方法などいろいろな情報がいただけますと助かります。
  • 他社さんでの導入成功事例などを聞く事が出来て、弊社でもどのように対応したらいいのかイメージが出来てきた。
  • 導入後の他社の様子がわかり、参考になりました。

当社はこれからも不動産業界のIT導入を後押しし、不動産管理会社様の業務効率化とオーナーコミュニケーションの活性化を目指し、各種イベントやサービスを展開してまいります。次回も是非ご参加ください。