EZO CONSULTING GROUP 導入事例 - WealthPark ビジネス

CASE:08

EZO CONSULTING
GROUP

取締役COO 最高執行責任者 油井 航平様

社員の意識が「不動産管理」から「資産管理」へと変化。「当たり前のことを当たり前に」できる管理会社に

課題

  • - 属人的なオーナー対応をなくし、組織としてオーナー様への対応力を底上げする必要があった。

効果

  • - WealthParkを通じたオーナー様との接点が増えたことで、社内で「資産管理」への意識が高まり、管理戸数拡大へ向けたオーナー対応の基盤を創ることができた。

不動産ファイナンスの経験を経て、札幌の投資不動産ベンチャーへ参画

当社は札幌で投資不動産を扱っている5年目の会社で、不動産の売買に関するご相談はもちろん、不動産の管理、賃貸仲介、資産コンサルティングなどワンストップサービスを提供しています。
代表の田中は大学を出てプロアルペンスキーヤーとして活動していましたが、別の世界でチャレンジしようと一度不動産会社に就職、その後会社を経営したいという思いが強く起業に至りました。
私は田中と大学の同級生で、以前は不動産ファイナンスを中心に銀行員として10年ほど働いていたのですが、田中から誘われて当社に参画しました。

「オーナー目線」のプロダクトに対して共感があったからこそ、WealthPark導入を決意

実は、田中はWealthParkを強烈なライバルだと思っているんです(笑)。というのも、田中はかつてWealthParkと同じようなプロダクトを構想していたからです。当社は、オーナー様の資産を最⼤化するための資産管理・コンサルティングを事業の軸に置いていますが、WealthPark は、まさにオーナー様の資産管理を支援するツールです。WealthParkが目指す方向性への強い共感があったので、田中も導入に対して迷いはなかったと思います。

私が入社した時点で、WealthParkは既に社内で導入されていました。当初、私はWealthParkを管理業務の効率化ツールだと思っていましたが、実際に使っていく中で、オーナー様とのコミュニケーションから生み出される「収益機会」を生み出すためのツールだということがわかってきました。

また、オーナー様の視点に立ってみると、WealthParkは自分の資産を可視化できるという点が、非常に魅力的だと思います。私は、個人で家計簿アプリを使っていますが、複数の銀行や証券口座の情報がアプリ内で集約されるので、自分の資産状況を一目で把握することができます。これを、初めて使ったときは感動しました。WealthParkを利用した時の感覚は、それと同じです。オーナー様が自分の不動産資産の状況を、一元的に自分の手元で見れるというところが、WealthParkの一番の価値だと思っています。

WealthPark導入で起こった社内での意識の変化。「不動産管理」から「資産管理」へ

WealthParkを導入して感じたことは、社内の意識が「不動産管理」から「資産管理」へと変化したことです。オーナー様には、投資として物件を買っていただいている以上、私たちは物件を管理するだけではなく、資産管理・コンサルティングを通じて、投資対効果を高める提案をする必要があります。しかし、不動産管理の業務は、物件や入居者に関わる業務量が多く、それらを消化することに忙殺されてしまいがちです。そのため、オーナー様に対して付加価値サービスを提供するための時間を確保することが中々できず、組織として「資産管理」の意識を高めることへの課題を感じていました。

WealthPark導入前は、オーナー様との接点はEXCELで作成した収支報告書を見せる程度で、社員がオーナー様の目線を意識する機会が少なかったのですが、WealthParkを導入したことにより、アプリの情報更新や日々のチャットの対応など、組織全体でオーナー様との接点が増えました。結果として、社員1人1人の「資産管理」に対する意識が高まったと感じています。

属人的な対応をなくし、「当たり前のことを当たり前にできる」仕組みを創りたい

不動産管理事業を拡大していくにあたって、特に目新しいことはやろうとしていません。「当たり前のことを当たり前に」できる管理会社が、オーナー様から一番信頼されると思っているからです。まずは、管理会社としての基盤を固めるべく着実に管理戸数を積み上げ、将来的には管理戸数5,000戸を目指していきたいと考えています。

しかしながら、当社はまだまだ若い会社で、経験の浅いメンバーもいるのが実情です。管理戸数を拡大していくためには、管理戸数が拡大しても安定したサービスを提供できる仕組みを作っていく必要があります。WealthParkを活用することで、オーナー様とのコミュニーケーションを一元化し、属人的なオーナー対応をなくしていきたいと考えています。社員の経験値に関わらず、安定的にオーナー様に対応・提案できるようなコミュニーケーションの体制を築くことで、事業拡大の基盤を強化していきたいです。

WealthPark上で“全ての業務”を完結させたい

WealthParkに期待していることは、管理会社への導入効果をさらに高めるということです。WealthParkを利用することによる業務の効率化といった管理会社のメリットを、より追求してほしいと思っています。

まず、購入価格やローン情報等、管理会社があまり把握できていない情報を、オーナー様がアプリ上で入力できるようにしてほしいです。より詳細にオーナー様の資産情報を把握することで、よりオーナー様にとって有益な資産提案がしやすくなり、当社の資産コンサルティングにより一層価値を感じてもらえると思います。

また、WealthParkのアプリ上で原状回復をはじめする工事の提案・見積り作業が、ワンストップでできるようになると、より良いですね。工事提案の際、当社では工事の際に利用する材料について、電話で補足説明をしています。例えば、アプリ上で材料のサンプルや工事後のイメージをビジュアルで確認できるようになると、見積り説明の負担も減りますし、オーナー様も確認がしやすく、よりコミュニーケーションがスムーズになると思います。

こうした機能追加を通じて、将来的にWealthPark上ですべての業務が完結するようになると、管理会社としてオーナー様への導入をしない理由がなくなると思います。WealthParkは価値のあるプロダクトだと思うので、当社も事業拡大をしながら、より多くのオーナー様にWealthPark を展開していきたいですね。

phone 03-6409-6860

WealthPark ビジネス導入事例