オーナーインタビュー 002 - WealthPark ビジネス

オーナー
インタビュー

G.H.さま(所有物件:4件)
H.T.さま(所有物件:1件)

「収支がまとめて見れる」それだけを追求して、もっと多くの管理会社に広まって欲しいです

不動産投資の難しさを実感

――お二人が不動産投資を始めたきっかけ、現在の投資状況について教えて下さい。

H.T. 私は「お金をただ寝かせておくよりも、投資で運用していきたい」と元々考えていて、いざ投資の勉強をしようと思い立ち、半年前に札幌に1棟アパートを購入したことが、不動産投資をはじめたきっかけです。

本業では、店舗のデザイン・設計や工事・施工を行う会社を経営していて、比較的不動産に対する知見もあったため、始める前はあまり不安はありませんでした。しいて言うなら、契約時の書類の準備や手続きなどは、紙が多くて面倒だなと感じましたね(笑)。実際に不動産投資を始めてみると「意外と空室が埋まらない」、「思ったよりも、部屋の修繕にコストがかかる」など、不動産投資の難しさというものを、徐々に実感してきました。

G.H. 私は、本業の飲食店経営以外の安定収入や節税を目的に不動産投資をはじめました。始めてからまだ1年足らずですが、札幌市内を中心に4棟の物件に投資をしています。ウォシュレットの導入や、自転車置場・Wifi設備の設置など、入居者にとって魅力的な住環境を整えていくような工夫をしていますが、空室にはやはり課題を感じますね。そうした空室時の収入を補うために、管理会社さんからのご提案で、屋上に携帯電話のアンテナを設置することで、有休スペースからも賃料収入を得る仕組みを作ろうとしています。

「不動産収支の集約化・見える化」をシンプルに追求してほしい

――お二人はWealthParkをご利用いただいていますが、実際の利用方法や使い心地など、率直な感想を教えて下さい。

G.H. 私は、WealthParkで仕事の合間に収支をチェックしたり、自分のポートフォリオを眺めたりしています。アプリでは自分の資産がビジュアルで表現されているので、ゲーム感覚で、気軽に自分の資産を確認できるのは良いですね。

H.T. 私は、アプリ上で随時情報が更新されていくので、空き時間にアプリを確認して、必要に応じてチャット機能で管理会社とのコミュニーケーションを取るといった使い方をしています。特に管理会社とのコミュニーケーションについては、LINEやメールだと、どうしても他のやり取りの中に埋もれてしまうので、WealthPark上で管理会社とのコミュニーケーションが集約されるのは非常に便利で、やり取りもスムーズだと感じています。

G.H. 逆に、私はLINEに慣れていたので、まだLINEでやり取りしてしまっていますね。確かにやり取りが埋もれないのは良いですね。今度、チャット機能使ってみます。その他、ドキュメントストレージにある工事関係の書類を確認したり、空室状況の確認の際にもWealthParkを利用しますね。ただ、アプリを開いた時に空室があると、モヤモヤしてくるので、気持ちの余裕があるときに開くようにしています(笑)。

H.T. 私も、空室状況の確認は結構しますね。自分の会社でリフォームした部屋が中々埋まらない時は、たしかにやきもきします(笑)。

G.H. ただ、正直に申し上げると、WealthParkはまだまだだと思っています。不動産オーナー目線で見たWealthParkのユニークな価値は「管理会社をまたいで、不動産収支を1つの場所に集約して、見える化できる」ということで、シンプルにこれを追求してほしいと思っています。もっと、低価格で管理会社に提供できないんですか?(笑)そうすれば、より多くの不動産管理会社やオーナーにWealthParkが普及していって、資産を増やしていきたい不動産オーナーとしては非常に便利になると思います。

WealthParkに情報を集約して、不動産管理もっと効率的に

――厳しいご指摘ありがとうございます。真摯に受け止めたいと思います。では、WealthParkがより普及していくためには、何が必要だと思われますか?例えば、オーナー様と管理会社間の通知・承諾事項のやり取りを楽にする(仮称)ワークフロー管理機能などを現在開発中です。

H.T. 確認すべき事項を1つに集約できるという点では、非常に便利な機能だと思います。こういう機能があると、とても助かりますね。

G.H. 私は、新機能よりもとにかく価格だと思いますが(笑)、確かに管理会社とオーナーの間で「言った、言わない」を防ぐという意味で有効な機能だと思います。また、本業があると、どうしても依頼したこと自体を忘れてしまうこともあるので、Todo管理や依頼事項の進捗を確認できる機能も欲しいですね。

H.T. 私は、管理会社から送られてくる収支情報だけでなく、ローン残債の支払い情報も登録できるようになると、WealthPark上で不動産投資のトータルリターンを把握することができるようになって、非常に便利なのではないかと思います。また、確定申告時の書類についても、WealthPark上のフォルダに集約して、税理士に共有できるようになると、楽ですね。今は、税理士との共有フォルダに都度ファイルをアップロードしていて、手間がかかってしまうので。

より多くの管理会社に、WealthParkが広まってほしい

――ありがとうございます。では最後に、今後の不動産投資の展望を教えて下さい。

H.T. 実は、私は不動産投資はもう卒業しようと思います(笑)。空室になった部屋を自社でリノベーションして入居者募集を出してみるなど、今回の投資通じて、色々なことを学べました。

今後は、もう少しリスクを取って、より投資リターンの高いものに投資をしていきたいと考えています。例えば、小樽に銭函というエリアがあるのですが、そこにゲストハウスを建てて、運用していくといったことを考えています。

G.H. 私は、逆に買えるだけ買って、どんどん不動産資産を増やしていきたいですね。自分の店舗がある東京にも物件がほしいなと思っていて、自分の店がある東京に行った際には土地勘をつけるために、街を歩き回ったりしています。その意味でも、より多くの管理会社にWealthParkが使われるようになってほしいと思っています。

――本日はありがとうございました!

phone 03-6409-6860

WealthPark ビジネス導入事例