株式会社 922 導入事例 - WealthPark ビジネス

導入事例No.3

株式会社 922

オーナー様の資産情報を「見える化」することで、収益最大可に向けたコンサルティングを実現。売買等も相談いただける関係性へ。

CEO 遠畑 雅 様 CIO 清宮 淳 様

課題
  • オーナー様の資産情報が、紙で散在しており管理が煩雑
  • 電話やメール、LINEなど顧客とのコミュニケーション方法が統一されていない
効果
  • オーナー様毎の収支情報や各種書類などの資産情報を可視化
  • 連絡手段をチャットに集約し、密なコミュニケーションを実現
  • 定期的な資産管理レポートを通じて、売買等も相談いただける関係性を構築

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

長くIT業界で働き、また自分自身が投資家だったからこそ感じていた課題に対して取り組んだ

当社は、不動産投資をされているオーナー様向けに、私たち自身の賃貸経営から得たノウハウとITテクノロジーを活用した経営サポートを行っている会社です。稼働率や不動産収益の最大化には、まず資産情報を「見える化」する事が重要で、そこでWealthParkを使った収益可視化やドキュメントの集約化をしております。

実は、私もCIOの清宮も、もともとIT業界で仕事をしながら不動産投資をしていました。当時IT業界で勤めていたにも関わらず、賃貸経営ではあまりにもアナログだなと自分でも感じていて、この業界でIT活用を進めていけばもっと生産性が向上できるんじゃないかと思ったのが創業の経緯です。

例えば、あらゆる情報が紙の書類で散在していたり、管理会社とのコミュニケーションが電話やメールやLINEだったりとバラバラで、それらを統一出来れば不動産管理の効率化が出来ると思っていましたね。管理会社さんとの電話でのコミュニケーションも非常に多かったですが、投資家の立場で考えると、緊急性が高いタイミング以外は必要ないと思っていて、シンプルな事実の伝達とかはチャットとかの方が便利だなと思っています。そういった「資産の見える化」「情報の集約化」「コミュニケーションの効率化」の実現に向けてWealthParkを使っています。

オーナー様にいつでも頼りたいと思っていただけるようなサービスを

私たちはWealthParkを活用しながらオーナー様の資産情報を「見える化」し、コンサルティングに繋げています。オーナー様とのコミュニケーションにはチャット機能を活用しており、物件毎の改善ポイントや今後のアクションプランをまとめたレポートも、チャットを使って毎月提供しています。また、これらのレポートは全てドキュメントストレージに保存をしているので、オーナーさんは過去分もすぐに確認いただけます。

WealthParkでオーナー様の情報を分析していくと、オーナー様によっては高すぎる修繕費を支払っていたり、不要な保険の特約をつけているなど、様々な課題が浮き彫りになります。時にはデータを活用することで、オーナーさんが適正な価格・条件で不動産投資ができるよう支援しています。

また、このように多くのオーナー様へのヒアリングやコンサルティングを続けていると、オーナー様から資産売買のご相談をいただくこともあります。売買はタイミングが重要だと思っていて、常にオーナー様に頼りたいと思っていただけるような、そんな関係性を作る事が大切だと思っています。

資産の「見える化」は、オーナー様の収益最大化に向けて第一歩

当社がお付き合いしているオーナー様は、30~50代で会社員をされている投資家の方が多いですが、WealthParkのチャット機能についてはあまり抵抗感なくご利用いただいています。とにかくご自身が持っている資産価値を「見える化」しないとアクションプランを作れないので、その為の第一歩だとお伝えしていますね。サービス提供者である私たち自身が積極的にWealthParkでコミュニケーションを取って浸透させていかないと、オーナー様にも浸透していかないのでそれが大事だと思っていて、一度見ていただけるようになった方は利用の頻度も高まっていますね。

不動産業界のデファクトスタンダードを目指したい

当社の今後の展開としましては、まずは「1万室」を目標にお手伝いする戸数を増やしていきたくて、セミナーや個別相談会など、様々な手法で新しいオーナー様との接点をつくっていきたいですね。不動産×ITの領域は、まだまだデファクトスタンダードが定まっていないと思っていて、テクノロジーを活用している不動産会社もまだ有象無象ですがこれからいくつかのサービスに収れんされていくと思っています。その時には、当社もそのデファクトスタンダードになっていきたいと思っています。

これから、更に様々な機能がWealthParkに追加されていく事を期待しています

WealthParkについては、WEB版のビジュアルが更に進化してレポートのようなことが出来ると嬉しいですね。物件購入や売却のシュミレーションが出来たり、入居者向けのサービスと連携するなど、様々な機能が加わっていくと良いですね。またチャット機能で、私たちとオーナー様だけではなく、外部の企業様も交えながらコミュニケーションが取れると嬉しいです。今後のアップデートに期待してます。

不動産管理会社様の活用事例

株式会社トラスト

送金明細7割電子化を実現!WealthParkを使うことで圧倒的に業務が合理的に。 業務を効率化し、浮いた時間をオーナー様のために使っていきたい。

きらめき不動産 株式会社

「チャット」・「ワークフロー機能」をフル活用して、スケール可能な管理体制を実現

三菱地所 ハウスネット

寄り添い、寄り添われる、そんな管理会社を目指したらWealthParkの導入は不可欠でした

ステイジア キャピタル ホールディングス

100名を超えるオーナー様へ向けた収支報告のルーティン業務を圧縮し、資産価値を高めるコンサルティング業務へシフト

EZO CONSULTING GROUP

社員の意識が「不動産管理」から「資産管理」へと変化。「当たり前のことを当たり前に」できる管理会社に

CLEARTH LIFE

海外オーナーコミュニケーションの効率化・アウトソースで「攻めの業務」に注力

WIN WIN Properties

WealthParkを活用してアセットマネジメントサービスを強化。オーナー様の資産を守る、資産コンシェルジュに

株式会社 922

オーナー様の資産情報を「見える化」することで、収益最大可に向けたコンサルティングを実現。売買等も相談いただける関係性へ。

フォーランド リアルティ ネットワーク ジャパン株式会社

多言語機能によって海外物件を管理している現地拠点もスムーズに活用、収支報告業務の大幅な効率化へ

株式会社フロントハウジング

全オーナー様にWealthParkをご利用いただき、送金明細の郵送廃止、コミュニケーションの一本化を実現

不動産オーナー様の活用事例

G.H.さま(所有物件:4件) H.T.さま(所有物件:1件)

「収支がまとめて見れる」それだけを追求して、もっと多くの管理会社に広まって欲しいです

R.H.さま(所有物件:1件)

時間に縛られずに管理会社と連絡が取れて、手元で自分の資産を管理できる。WealthParkを使い始めて、不動産投資への安心感がぐっと増しました。

K.K.さま(所有物件:4件)

WealthParkを利用して、自分の資産を身近に感じられるようになりました