Corporate

2021.06.07

【2021/4月間Award】「企業のブランドコミュニケーションを通した顧客、従業員双方にとっての価値向上」とは

画像

WealthParkでは、毎月月初の全社会議の場で、前月の活躍社員をAwardという形で表彰しています。

5つの行動指針(これを私たちはBehavior Identityと呼んでいます)に基づいて、それに相応しい成果を残した社員を部長/VPがノミネートし、表彰することで行動指針の定着化を促すことが狙いですが、それ以上に活躍した従業員をみんなで称賛する、という文化にも繋がっています。

※WealthParkにとってのBehavior Identityがどういったものなのかについては、noteでも細かく説明しているので、是非ご覧ください。


Behavior Identityができるまでの道のり|Kazuhiko Yamashita|note

このインタビューでは、Awardで選出されるに至った従業員が日々、どういう想いで顧客、仕事仲間、自分自身と向き合い仕事をしているのかをお伝えしていきたいと思います。2021年5月のAwardを飾ったのは、”Best of Go beyond”として、Design部門の松本さんとなりました。21年3月の社員インタビューでも活躍社員としてピックアップさせて頂いたばかりですが、今回のAwardでも改めて全社的にその高いパフォーマンスが認められた形となりました。

※松本さんのインタビューはこちら


【WealthPark 社員インタビュー vol. 13】 制約は喜んで受け入れる。ブランドコミュニケーションの設計を担うデザイナーの挑戦

――4月の月間Award:Best of Go beyondの受賞おめでとうございます。受賞したときのお気持ちをお聞かせください。また上司からのコメントをもらってどのように思いましたか?

ありがとうございます!表彰された時は率直に嬉しかったです。
そもそも、デザインチームのVPoDである吉本さんと話し合って決めたデザインチームにおけるGo beyondとは以下の定義になるのですが、

=================================================================================

don’ts(するべきでないこと): 課題のスコープが個人/チーム
例:PVを増やしたい/利用者を増やしたい

do’s(するべきこと): 課題のスコープが会社/社会
例:投資家の課題を解決したい/管理会社の課題を解決したいつまり当事者として感じられる課題のレベル(=視座)を広く/高く持つということです。

=================================================================================

この意味においても、Behavior Identityの中でも実現することが難しいのが GO beyondだと思っていましたので、この賞で評価していただけたことを光栄に思います。

――どういう成果、または日々の行動が今回の受賞につながったと思いますか?

デザイナーという役割柄、社内のほぼ全ての部署と関わりがあるので、各チームの課題や目標に当事者として関わることが出来ます。
その中で、限られた時間、リソースをどういう優先順位で分配するかという点を日々考えています。
これからも、チームだけの利害、部分最適化の観点に陥らず、会社組織として最適な行動は何かという視点で仕事を進めたいと思います。

――日々、多方面から様々な依頼、相談があると思いますが、誰に対しても常に変わらないスタンスでいられる秘訣はなんでしょう。

自分に出来ているかは分からないですが、相手によって態度がコロコロ変わるのはなんとなく信頼性に欠けます。ウェルスパークの良いカルチャーは、会社という、必然的に縦型の集団でありながら、権威主義的な人物を見かけないところだと思います。
僕もそれに倣って、中立的でフレンドリーなコミュニケーションを心がけたいと思います。

――改めてDesignerとして、今後WealthParkではどういうキャリアを積み上げていきたいですか?また、新たに挑戦してみたいことなどあれば是非教えてください。

WealthParkへの参加当初から掲げている、「企業のブランドコミュニケーションを通した顧客、従業員双方にとっての価値向上」を実現したいと思います。
仕事量が増えると雑な成果物が発生しがちですが、ブランド資産とは、日々の活動の総体なので、いい加減な仕事を1つも出さない様に心がけるべきです。日々丁寧に仕事することが企業ブランドの構築の第一歩だと思っています。

――最後に、松本さんにとってのBehavior Identity「Go beyond」とは、どういうものでしょうか。

デザインチームとして掲げている通り、「当事者として感じられる課題のレベル(=視座)を広く/高く持つということ」です。会社の利害すら超えて、社会にとって、人類にとって何が良いかで行動できるのが本当のGo beyondだとおもいます。
一方で、個人の欲望を蔑ろにするとモチベーションを保てず、何も成し得ないのも事実です。
欲望を動力にしながら、チームや会社の利益につなげていくというバランス感をうまく保ちたいと思います。

――ありがとうございました。人類にとって、という視座で一人ひとりがGo beyond出来たら間違いなく世界は変わりそうですね!バランスは大事ですが、WealthParkという単位でもそれを体現していけるようにしていきたいです。改めて、Award受賞、おめでとうございました!


【2021/4月間Award】「企業のブランドコミュニケーションを通した顧客、従業員双方にとっての価値向上」とは

松本さんが所属するDesign部門では一緒に働く仲間を大絶賛募集しています。是非、興味をお持ちいただいた方、エントリーお待ちしています!


【WEBデザイナー】様々な事業部と一団となり、幅広くデザインやコーディングに携わるWEBデザイナーを募集します。

ウェルスパーク株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

WealthPark株式会社 広報担当
Mail:pr@wealth-park.com

RELATED ARTICLES

  • Corporate

    2021.07.28

    【2021/6月間Award】「dealをdoneする」ではなく、日々の「伴走」こそがカスタマーサクセスの使命

  • Corporate

    2021.06.22

    【WealthPark 社員インタビュー 番外編】働くママ・パパに聞いてみた!スタートアップにおける仕事と子育ての両立とは

  • Corporate

    2021.03.10

    【2021/1月間Award】変化に適応し、困難に立ち向かう。多国籍なエンジニアチームにとってのチャレンジとは

  • Corporate

    2021.01.28

    【2020/12月間Award】カスタマーサクセスとしての成長と誇り

  • Articles

    2021.01.27

    【部門責任者インタビュー vol.1】SaaS事業部 カスタマーサクセス部門

  • Corporate

    2021.01.05

    【2020/11月間Award】入社1年で描いた営業としての成長の軌跡と情熱