R.H.さま(所有物件:1件) 導入事例 - WealthPark ビジネス

導入事例No.11

オーナーインタビュー

時間に縛られずに管理会社と連絡が取れて、手元で自分の資産を管理できる。WealthParkを使い始めて、不動産投資への安心感がぐっと増しました。

R.H.さま(所有物件:1件)

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

不動産も保有しておいた方が、資産形成につながると思っていました

ー不動産投資を始めたきっかけを教えてください。

元々は、今投資用で貸し出している物件に自分で住んでいたのですが、2年ほど前に物件を売却するか、賃貸に出すかを検討する機会がありました。とても悩んだのですが、検討を重ねた結果、投資用で賃貸に出すことにしたのが、不動産投資をはじめたきっかけです。

以前から株式投資はしていたのですが、老後へ向けて不動産も保有しておいた方が、資産形成につながると思っていました。また、昔から間取りや図面を見るのは好きで、元々不動産に興味はあったことや、物件購入時に将来的に貸し出すことも考慮して、単身者向けの部屋を選んだことが、不動産投資を選んだ理由です。当初は不安もあったのですが、幸い、今の入居者の方は長期間部屋を借りてくださっていて、結果として安定した収益を得られています。

思いのほかスムーズに利用し始めることができました

―WealthParkはどのような経緯で利用し始めたのでしょうか。

実は「なんとなく面倒くさそうだな…」と感じていたため、当初はWealthParkを利用することに対して、億劫になっていました(笑)。しかし、管理会社の方からご案内をいただく中で、「まずは、試してみよう!」という気持ちになり、実際にやってみると、アプリをダウンロードしてから、自分のアカウントでログインするまで非常に簡単で、思いのほかスムーズに利用し始めることができました。

管理会社との普段のやり取りは、全てWealthParkのチャットで

―新しいものを始めるときは、つい億劫になってしまいますよね。実際にWealthParkを使ってみて、何が変わりましたか?

まず、毎月紙で届く収支報告書を確認していたのですが、WealthParkを利用してからは、物件の収支情報が、手軽にアプリで見ることができるようになり便利になったと思います。毎月必ず、紙の収支報告書が必要というわけではないため、普段は手元のアプリで収支を見て、必要なときに紙に出力するという使い方が、自分には合っていると感じています。

また、チャット機能については、日常生活で利用しているチャットアプリと同じ感覚で使えるため、特に抵抗なく利用し始めることができました。「せっかくなので、自分からメッセージを送ってみよう!」と思い、ログイン後すぐにメッセージを送ってみたところからコミュニケーションが始まり、今では管理会社との普段のやり取りは、全てWealthParkのチャットで行っています。

管理会社への連絡がしやすくなった

―電話やメールと比較して、チャットのどのような点に利便性を感じますか?

これまでは、電話で管理会社の方とやり取りをすることが多かったのですが、仕事中で管理会社からの折り返し電話を取れない、気づいたら管理会社の営業時間が終わってしまって連絡ができない、といった電話ならではの連絡の取りづらさを感じていました。その点、チャットはオーナー、管理会社がお互いのタイミングでメッセージの送信・確認ができるので、便利だと思います。やり取りがきちんと記録に残るので言った・言わないのトラブルが防げる点も、非常にありがたいですね。またメールの場合、ついかしこまった文章を打つのが億劫になってしまうのですが、チャットだと気軽にメッセージを送れるので、管理会社への連絡がしやすくなったと感じています。

管理会社の方に、ぜひワークフローの機能を使っていただきたい

―WealthParkのオーナーアプリで、オーナー向けの新機能として、入居募集の条件や工事見積もりを手軽に承認できるワークフローという機能がリリースされました。オーナー目線で、率直な感想を教えて下さい。

チャット同様、コミュニケーションが手軽にできて、かつ履歴がきちんと残る、また時間を問わず確認できるという点で、非常にありがたい機能だと思います。個人的に、不動産投資をする上で、言った・言わない問題をなるべく避けたいと思っているので、この機能はそうした問題を防止し、より管理会社とのコミュニケーションが円滑になると思います。重要な確認事項などがある際には、管理会社の方にぜひこちらの機能を使っていただきたいですね。

売却したいタイミングで、買い主を連れてきてくれる会社に売却をおまかせしたい

―WealthParkは今後、管理会社からオーナー様へ売却提案をする機能のリリースを予定しています。保有中の物件に関して、売却は検討されていますか?

幸い、今の入居者の方には長く住んでいただいているため、当面の間は保有し続ける予定でいます。保有を続けるにあたって、入居者の方の不満や要望を把握できる機能があると嬉しいですね。オーナーとしては、とにかく空室を防ぎたいので、入居者の方に長く住んでいただくために必要な工夫やアイディアなどの情報が得られると非常ありがたいです。

売却については、日々の情報収集として、自分の保有物件の所在するエリアの成約事例や新築物件の情報から、エリアの状況を定期的にチェックしています。査定提案の機能は、本当にその価格で購入する買い主がいるのであれば、ありがたい機能だと思いますが、シンプルに、売却したいタイミングで、買い主を連れてきてくれる会社に売却をおまかせしたいと考えています。

WealthParkを利用し始めて、不動産投資への安心感がぐっと増しました

―WealthParkに今後期待することはありますか?

シミュレーション機能があると、より将来の見通しが立てやすく、今後の投資プランも考えやすくなると思います。例えば、不動産投資の支出の中には変動の少ないものもあるため、そういった支出に関しては将来のデータも登録できて、利回りも予測できるといった機能があると嬉しいです。

不動産投資は、どうしても情報が不透明なことが多いため、私の周りでも、買いたいけど、中々、踏ん切りがつかないという人が多いです。WealthParkを利用し始めたことで、時間に縛られず管理会社とのやり取りが可能となり、その履歴が可視化されたことで、不動産投資への安心感がぐっと増したと感じています。情報が透明化することで、不動産投資へのハードルが下がり、より多くの人が不動産投資を始められるようになると良いですね。

不動産管理会社様の活用事例

株式会社トラスト

送金明細7割電子化を実現!WealthParkを使うことで圧倒的に業務が合理的に。 業務を効率化し、浮いた時間をオーナー様のために使っていきたい。

きらめき不動産 株式会社

「チャット」・「ワークフロー機能」をフル活用して、スケール可能な管理体制を実現

三菱地所 ハウスネット

寄り添い、寄り添われる、そんな管理会社を目指したらWealthParkの導入は不可欠でした

ステイジア キャピタル ホールディングス

100名を超えるオーナー様へ向けた収支報告のルーティン業務を圧縮し、資産価値を高めるコンサルティング業務へシフト

EZO CONSULTING GROUP

社員の意識が「不動産管理」から「資産管理」へと変化。「当たり前のことを当たり前に」できる管理会社に

CLEARTH LIFE

海外オーナーコミュニケーションの効率化・アウトソースで「攻めの業務」に注力

WIN WIN Properties

WealthParkを活用してアセットマネジメントサービスを強化。オーナー様の資産を守る、資産コンシェルジュに

フォーランド リアルティ ネットワーク ジャパン株式会社

多言語機能によって海外物件を管理している現地拠点もスムーズに活用、収支報告業務の大幅な効率化へ

株式会社フロントハウジング

全オーナー様にWealthParkをご利用いただき、送金明細の郵送廃止、コミュニケーションの一本化を実現

不動産オーナー様の活用事例

G.H.さま(所有物件:4件) H.T.さま(所有物件:1件)

「収支がまとめて見れる」それだけを追求して、もっと多くの管理会社に広まって欲しいです

R.H.さま(所有物件:1件)

時間に縛られずに管理会社と連絡が取れて、手元で自分の資産を管理できる。WealthParkを使い始めて、不動産投資への安心感がぐっと増しました。

K.K.さま(所有物件:4件)

WealthParkを利用して、自分の資産を身近に感じられるようになりました